常勤とは違う!非常勤医師の二つの働き方とは?

定期的に働く非常勤医師

非常勤医師の働き方として常勤医師に比較的近いのが定期的に働く求人を獲得したケースです。この場合には通常は常勤と同様にして病院やクリニックなどで広く業務に携わります。勤務日が限定されていて少なめになっているのが特徴であり、土日のみの出勤だったり、当直専門だったりするものもあるでしょう。定期非常勤求人という名称で募集されていることも多いのがこのパターンです。安定して働けることに比べて生活リズムを整えやすいのがメリットです。採用の時点で厳密なスケジュールが決まっていない場合には、生活の変化や現場での需要の変化に応じて働く時間などを動かせるのも定期非常勤の求人の魅力として理解されています。

臨時で働く非常勤医師

臨時で必要なときだけ働くのも非常勤医師の働き方として選べるものです。スポット求人としばしば記載されているのが代表例であり、採用された時点でいつどこでどれだけ働くのかが明示されます。健康診断や人間ドックなどのように大勢の医師が必要になったときだけ募集されるというものや、お盆や年末年始のように常勤の人材が減ってしまう時期にだけ働けるという形で募集されているものが多い求人です。通常はその都度応募して採用してもらわなければならないため、安定して働くのは難しい方法になります。しかし、働きたいと思ったときだけ働くというスタイルを選ぶことができるのに加えて、給料も高めに設定されていることから稼げるメリットもあるのがスポット求人です。

医師のバイトに関する求人は大変多く存在し、インターネット上の専門サイトを活用することで効率良く探せます。